永田屋の電話番号は、
0120-177-166です。

メニュー

『終活フェア&秋の感謝祭』 11月16日に橋本で開催しました!

11月16日快晴の日曜日、橋本本社のセレモニーホール永田屋で
終活フェア&秋の感謝祭』を開催致しました

オープンの9時半直前の写真です。沢山の方が並んで待っていて下さいました。
CIMG5236
写真の外にも列が続いております。この時点で100人以上の方が来て下さってました。

最初の催しの『終活なるほど教室 家族葬&葬儀費用』は会場に入りきれないほどの人が
永田屋では終活という言葉が出来る前から、葬儀費用の透明化、人生のエンディングを事前に考える大切さを訴えてきました。毎年お聞き下さる方が増えており、スタッフ一同とても嬉しく思っています
CIMG2752
 写真に写っている祭壇は新幹線を模したフラワー祭壇です。永田屋では決まった形の祭壇だけではなく、故人様の好きだったものや趣味を反映した祭壇にすることも可能です。
CIMG5201
写真は前日にスタッフがメモリアルコーナーを飾っている所です。

『終活寄席』ではNHK新人賞で大賞を取られた『鈴々舎馬るこ』師匠が、終活をテーマにした落語を披露して下さいました。
CIMG5299
続けて永田屋イメージキャラクター『林家木久蔵』師匠の登場です!
DSC_0066
DSC_0005
暗くとらえてしまいそうな『終活』ですが、本当はそうではなく、明るく考えていいことなんだと教えてくれる落語でした。
お父様の木久扇師匠の治療話などもあり、皆さん笑顔と共に感心もされる内容でした。
冬には新しく木久扇パスタも発売されるそうなので、皆さん是非ご賞味を

行政書士の島影先生をお呼びしての終活なるほど教室「エンディングノートの書き方」では先生の実体験や、様々なデータからの分析など、非常に勉強になる内容でした。
DSC_0121

6月にオープンした『小さな家族葬ハウス®』では長生きが出来るとうわさの入棺体験コーナーや、料理の展示等も行いました
 CIMG5323

その他には
 プロのカメラマンによる終活写真撮影
 島影先生や弁護士さんと無料相談が出来る終活相談コーナー
 永代供養・霊園・墓石の相談コーナー
 骨密度・血管測定コーナー
などなど、盛り沢山の内容の終活フェアでした

なんと、当日は約1000人の方が来場して下さいました!
行列ができる場面も多く、お待たせしてしまったお客様にはご迷惑をかけてしまい申し訳ありませんでした。

今後も楽しい企画をたくさん行っていきますので、ご期待ください

 

会館一覧


セレモニーホール永田屋
小さな家族葬ハウス
メモリアルハウス城山
永田屋富士見斎場
メモリアルハウス小田急相模原
メモリアルハウス西橋本

全ホール共通3つの特徴

ご安置ルーム完備

すべてのホールに面会可能なご安置ルームを完備しています。病院などのから直接受け入れが可能な他、住宅事情により、ご自宅に安置できない方は当ホールをご利用ください。
家族葬完全対応

永田屋のすべてのホールに家族葬に適した式場を完備しています。また、「ハウスエンディング®式場」ではこれまでにない新しいお別れの形をご提案いたします。
相談サロン完備

もしもの時に慌てないために葬儀費用の事、事前準備の事、家族葬の事など、お気軽にご相談ください。実際の葬儀に必要な品物も展示しております。

お客様インタビュー

永田屋をご利用になられたお客様に、永田屋での葬儀について、ご感想やご意見をお伺いしました。

わが家は先祖代々、永田屋頼み。

A様

考えれば考えるほど、感謝しかないお葬式。

N様
お客様インタビュー4

頼もしい息子ができたような安心感。

N様
お客様の声2

メディア・取組み

フジテレビ様の朝の情報番組「とくダネ!」で弊社「株式会社永田屋」が取り上げられました。

「故人の“最後の姿”撮りますか?」というテーマで、弊社の取組みや、代表へのインタビューが放送されました。
弊社が放送されている部分のみ抜粋した動画です。(平成28年6月2日放送)

葬儀は事前に知る事こそが
安心への第一歩

葬儀は普段関わる事が少なく専門的で分かりにくい事ばかりです。また、葬儀社によってサービスや内容、金額が違います。 ひと昔前までは「縁起が悪い…」「まだ先の話しだし…」と葬儀の事を避ける傾向でしたが、近年では「終活」として事前にご自身の事、 親の事を事前に相談し、葬儀の準備をする方が増えています。永田屋では全ホールに相談サロンを完備し、相談は何度でも無料です。ご遠慮なくご利用ください。

  • お急ぎの方へ
    葬儀事前相談
    お問い合わせ・資料請求